決算期は消費者金融の審査が緩い!?

消費者金融も利益を上げないといけないという意味では、自動車ディーラーなどの販売業と全く同じです。そのため消費者金融ではテレビCMなどと同じです。特に決算時期になるとその傾向は強くなります。
消費者金融本社の業績が良くないと、決算セールなどの名目でキャンペーンか実施される場合があります。その時には決算以外の時期と比べたら融資の可能性が高くなります。決算セールのキャンペーン時期に申し込みをすると、信用情報登録機関に信用情報を照会して、その後に職場への在籍確認や年収の確認をします。信用情報登録機関からの信用情報や職場への在籍確認に関する審査は全く変わりませんが、年収に関する審査は多少緩くなる傾向があります。消費者金融にもよりますが、初めて利用した人に対して一定期間は金利手数料が無料となるサービスを展開している場合もありますが、決算セールの時期に申し込みするとその期間が2週間程度延長される場合もあります。そのため支払い額がリーズナブルで済む期間が他の期間よりも長いです。
審査を依頼してから実際に融資されるまでの時間ですが、銀行やクレジットカード会社の場合1週間程度の時間かかかりますが、消費者金融の場合だと基本的には1日以内には結果がわかります。決算セールの時期に消費者金融の申し込みをすると、最短で30分以内に審査の結果が分かるようになっているので、早くお金が必要な人には最適なサービスになります。

visaデビットカードは会員ならではの特典はある?

visaデビットカードには、クレジットカードと同じく会員特典を受けることが出来ます。

基本的なもので言えば、買い物をする時に支払金額に対してポイント付与やキャッシュバックなどの特典がついてくるので頻繁にvisaデビットカードを利用すれば、それだけお得になります。

また、visaデビットカードを利用して買い物をしたときには、一定の期間内であればその品物が壊れたり盗難にあった時に、一定の金額まで補償をしてくれるショッピング保険がついています。万が一、カード自体が盗難や偽造されて、不正利用されたときには、その損害を補償してくれる不正利用補償というのもあります。ただし、それらの損害が、会員が故意にあるいは過失でなってしまったものについては、対象外となる可能性がありますから注意しなければいけません。

同様にvisaデビットカードをつかって、旅行代金の支払いをした時に、旅先で怪我や病気をしてしまったり、持っていったものが盗まれたりしたときには、補償を受ける事ができる旅行傷害保険も特典としてついていることがあります。これは全てのvisaデビットカードというよりも一部なので、カードをつくるときには確認をしておく必要があります。

同様に一部のvisaデビットカードでは会員が空港でラウンジを使えるようになったり、荷物の預かり手数料が割引になる特典がついていることもあります。

より多くの特典がついているvisaデビットカードはステータスの高いクレジットカードのように、申し込み時の審査が厳しくなるので、その点は理解が必要です。

参考サイト

限度額よりもお金を借りる方法は?

限度額よりもお金借りる方法の1つは、信用を上げるということです。例えば、今現在限度額50万円のカードローンを利用しているなら、そのカードローンを頻繁に利用して、延滞をせずに返済をしていくことで、信用が上がり、限度額の増額審査に通りやすくなります。延滞をせずに返済をしていくことはもちろん、なるべく完済の実績も積むようにしておきましょう。

あまりおすすめできる方法ではありませんが、他社でお金を借りるという方法もあります。すでに限度額50万円のカードローンを借りていて、他社で新たに契約をして、限度額30万円のカードローンを作るといった方法です。この方法は、借り入れ件数が1件から2件になってしまうので、あまりおすすめができません。借り入れ件数が増えると多重債務者になってしまい、信用を大きく落とすことになります。

また、複数の会社からお金を借りることがおすすめできない理由の1つに、返済に手間がかかるということもあげられます。ATMから返済をしていく場合、毎月2回返済をしなければならなくなり、ATM手数料も2倍かかります。なるべく1社からお金を借りるようにしておきましょう。

住宅ローンを借りている人は、同じ銀行で借りることで優遇金利を受けられて、高い限度額で借りられる可能性があります。おまとめローンを利用したり、借り換えをするという選択肢もあります。カードローンは一度借りたらずっと使い続けるのではなく、適宜メンテナンスをするようにしましょう。